FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極上生腰のライバル? 三代目 極上生腰 

大型オナホール「極上生腰」
極上生腰
は今も常に品薄状態です。
やはり大型オナホ人気ナンバーワンキングの座はそうそうは揺らがないようです。

極上生腰は、初代から始まり2015年には2代目となる「日暮里版 真性 極上生腰」がリリースされ、需要が分散することで少しは人気が衰えるかと思いきや、その後もまったく変わらないペースで売れつづけている長年据え置き型オナホのトップを走っているオナホールです。

今だに大人気を誇る大型オナホ界の怪物極上生腰ですが、
その極生シリーズについに3代目が登場しました。

    その名も 「三代目 極上生腰」
大型オナホール「三代目 極上生腰」


重量は6kgと、極上生腰よりさらに1kg重い超本格派ボディー。
本物の女性を思わせるような安定したボディーは見た目のエロさも抜群。

ボディサイズは増えましたが、初代と比べると素材硬度はやや柔らかくなり、取り回しにくくなった反面、挿入時のムニュッとした生肉感が向上しています。

本物志向のまったりした挿入感は健在で
インナーに厚みのある粘膜素材が埋め込まれた2層構造で、ネットリした質感の肉襞が気持ちよくペニスに絡みます。

膣、アナルともに狭い穴ですが、本来の無次元とはちょっと違う印象。
柔肉にみっちり包まれる感覚が極上です。

安定したボディーのおかげで正常位、バック、騎乗位とどんな体位もラクラクこなします。
穴の角度も不自然さがないので、腰振りもしやくすてGOOD。

この柔らかな肉塊に深く深く腰を沈め、じんわりと包まれるような気持ちよさに身を委ねたり、
寝バックのような体勢でパンパンと腰を打ちつけるなど、本作だからこそできる“疑似セックス体験”は
やはり「素晴らしい!」のひと言。

本物志向のまったりした挿入感は、ただ激しく擦れてアッという間に射精を迎えるだけがオナホの性能じゃない…と
改めて気付かせてくれる、極めて本物志向寄りの完成度です。

大型オナホール「三代目 極上生腰」はエロい
やっぱり挿入されているところもエロいなぁ、極上生腰シリーズは・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。